母と娘

大人になっても癒されない

「母と娘の負の連鎖」がもたらす

​傷の深さをご存知ですか?

一見、仲良しのように見えても、親子の関係って難しいものですね。

今回は、どうして難しいのか?について、母と娘の観点から紐解いていきたいと思います。

 

​「母と娘の負の連鎖」というのがあります。
これは、母親が、自分の母親から可愛がってもらえなかった為、自分の娘を可愛がることができない、というものです。

こういう場合、母親の母親も、そのまた母親も、ず〜と母親から可愛がってもらえておらず、何代も悲しみの連鎖を続けているケースがあります。


同じ子どもでも、息子のことは可愛がれるけど、娘のことは、どうしても可愛がれないのです。

娘は、男兄弟への劣等感と、母親に可愛がってもらえないトラウマを抱きながら育ちます。そして、母親になった時、自分が母親にされたのと同じことをします。

まさか自分が?!と思うことでしょう。
あんなに苦しんだのに、母親と同じことをしてしまうなんて!とショックを受けることでしょう。
母親になるとき、「自分の母親のようにはなりたくない!絶対にならない!」そんなふうに堅く誓っていた人だって、母親と同じになることも珍しくないのです。

なぜなら、そこにはたくさんの問題が存在しているからです。

接し方が分からない

娘を可愛がるってどうすれば良いのか分からない。
自分が可愛がってもらえなかったので、どんな態度を取ればよいのか分からないのです。

周りの親子を見て、子ども思いの親を真似ようとすると、今度はストップがかかります。自分の中に、可愛がってもらえなかった少女が、悲しみにくれたまま、残っているからです。

これは「インナーチャイルド」というトラウマのひとつです。

 

こういう場合は、ヒーリングで親からもらえたはずの愛情を注いでいきます。少女が満たされるとインナーチャイルドはいなくなります。すると、娘さんへの接し方が変わってきます。

自分を愛せない、大事にできない

「子どもは親を見習え」と言いますが、親からの刷り込みの影響は大きく、子どもの自分自身への接し方も、親と同じになってしまいがちです。

つまり、親から可愛がられて育つと、自分を大事にする子に、​可愛がられて育っていないと、自分を大事にできない子になりやすいのです。


親からどんなふうに扱われたかが、子どもにとって自分自身の価値になるんですね。

大人になっても自分を愛せない、大事にできないという状態の場合は、ヒーリングで、親からの刷り込みを除去していきます。さらに、セッションで、ご自身の価値について気づきを与え、自分を愛せる自分への成長を促します。

競争心

自分の娘だけは、自分より幸せになって欲しくない、競争心から、そんな潜在意識を持っている母親もいます。

 

自分が可愛がられて育っていないと、余計に娘に対して、そんな思いが強くなります。

こんな方には、セッションで、競争心に自分が支配されていることへの気づきを与えます。

 

気づくことで、自分だけの幸せと向き合えるようになります。母と娘の関係だけでなく、周りの人たちとのお付き合いもうまくいくようになります。

恨みの塊

これは深くて重い問題です。


「母と娘の負の連鎖」を経験して大きくなった、多くの人が持っています。自分が受けた仕打ちが、恨みの塊となって、自分の中に潜んでいるのです。

親とは絶対的な存在で、小さな子どもには抗えない力を持っています。そして、子どもは親から愛されることを望みます。矛盾と屈辱感の中、恨みの塊は癒されることなく、胸の奥にしまわれたまま、誰もが大人になるのです。

インナーチャイルドに似ていますが、「恨み」は、誰かに仕返しする機会を求めています。

「恨み」という感情にまで育ってしまっていると、自分の力ではコントロールが難しいのです。だから、これが癒されないまま母親になってしまうと、悲しいことに、「恨み」を自分の娘に向けてしまいます。

「恨みの塊」への対処は、まず、自分が恨みを持っていることに気づくこと。認めること。セッションで導きます。そして、その感情の塊をヒーリングで癒し手放します。

どうしても、どうしても、可愛がってあげられない。

そんな負の連鎖が、多くの母と娘の間で、密かに受け継がれています。

悲しいですね、つらいですね。


本当は、大事に思っていることを伝えてあげたいですね!

ちゃんと愛せる!

あなたのせいでは、ありません。


だけれど、生まれたとき、この試練を体験すると決めてきたのもあなたです。

もう大人になってしまったあなたは、自分の力で立って、あなた自身を癒すことを始めてください。

本当のあなたは、そんなあなたじゃありません。


ちゃんと、娘を愛せる、子どもを平等に扱える母親なんですよ。

だから、勇気を持って、向き合いましょう!

そして、こんな悲しい連鎖は、あなたの代で終わらせましょう!

サポートします。

あなたが幸せな母と娘になるために

まずは、ご相談ください

スピリチュアリスト紹介

もり みか

森 美華

1966年、大阪生まれ。小学校教諭普通免許取得。​

幼い頃から、占いなど、不思議なことに興味を持ち、独学で西洋・東洋の占いを学んでいた。

30代で、関西のテレビ番組 MBS「ちちんぷいぷい」の「ぷいぷい占い」を担当していたタロット・占星術師のキアラ氏と出会い、師事するようになる。

40代を前に、東京に移住。テレビ、マスコミなどに露出も多い、渋谷占い館に出演。的確なアドバイスと前向きにさせるトークで、リピーターの心を掴む。その傍ら、代々陰陽師の家柄で、東大卒の物理学者、スピリチュアリストのまさみち氏の元、スピリチュアル、セッションについての学びを深める。

やがて、スピリチュアルと健康との関係性に関心を持つようになり、加藤正広気功整体院 院長で優れたヒーラー、スピリチュアリストの加藤正広氏に師事。体、心、魂へ一度にアプローチできるヒーリングの効果に感動し、ヒーラーとしての道を歩み始める。

2011年3月2日、帰阪。6月より全国的にも有名な神戸の占い店 ジェム 占いの街に出演開始。トラウマや原因不明の体調不良で悩む人たちのご相談を受けるうち、ヒーリングサロンの立ち上げを決意する。

2013年、大阪 堀江にてサロンをオープン。現代を生きる人たちのためのスピリチュアルを、関西で提供するようになる。

リピート率80%!顧客満足度90%!​

​顧客からは​「会うだけで良くなる」「会うだけで癒される」​と絶賛する声も。

あなたが幸せな母と娘になるために

まずは、ご相談ください

ありのままの自分へ回帰、自分を愛し、自分らしく生きる

©2018 by Mori Mika's Healing Salon